<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< piece of『HAVE』その1 「出口なし」 | main | piece of 『HAVE』その3 「青森県のせむし男」 >>
piece of 『HAVE』その2「まだらなまだらいんげん豆が旅立つよ」
image1.png
『まだらなまだらいんげん豆が旅立つよ』2006年@麻布die-pratze。初の単独公演作品です。初期衝動がつまった作品。タイトルは当時とても影響受け、作品でも使わせてもらったThe Residentsの曲名から。未熟なトコロ多々ありましたが、今につながるマスターピース。このときは、ダンスに演劇的手法で新しいこと面白いことたくさんできるだろー、というかんじでモリモリしてました。
今回『HAVE』では、「キスしそうな」をやります。ギャグなしの男女キレイめ系DUOです。もともとは、日野晃という武術家のダンス?ワークショップの中で、“正面に立つ”というのがあって、対面した人のド正面に立つとカチッとハマるようなそんな感覚があるぞーという。それをモチーフにしてます。美男美女にしかし出来ないDUOです。『HAVE』の中では少ないシリアスでセンシティブなピースとなっております。
スポンサーサイト
COMMENT









TRACKBACK
Trackback URL
http://shokigata.jugem.jp/trackback/521