<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『HAVE』はガラ公演です

     初期型公演『HAVE』はガラ形式と謳っております。と、いってもダンス公演のほとんどがいくつかのピースの組み合わせで構成されてる作品がほととんどで、ストーリーを追う演劇とちがい、ダンス公演はどちらかというとコンセプトやテーマがある音楽のアルバムに近いのかナァと思います。そんなガラ的な作品のさらにガラ公演となると、元々はなんだったんだ。どこから、どんなコンセプトからそのピースは生まれてきたんだ?と、そのように思われる方もいらっしゃるかもしれません。なので、今回の『HAVE』に出てくるピースの元になる作品11個を振り返りつつ解説していこうと思います。

時系列でなく、順不同でいきます。

image1.jpeg

初期型公演 2017 『HAVE』
とんとblog更新ご無沙汰してしまいました。申し訳ございません。
取り急ぎ、公演情報でございます。

これから本番に向け、去来する様様な思い想いをblogに綴らせていただきたいと思います。よろしくお願い致します。

カワムラアツノリ


初期型公演 2017『HAVE』

日時
11月11日 19:30
11月12日 14:00☆/19:30
☆回は未就学児入場化可

会場
ビリヤード山崎2F
(JR西荻窪駅北口出て左モスバーガー右奥、改札より徒歩30秒)

料金
予約・前売 2500円
当日 3000円
(ワンドリンク付)

構成/演出
カワムラアツノリ

出演
今村つぐみ 岩佐妃真 菊池鴻良 喜多真奈美 平澤 瑤 深堀絵梨 松崎淳 カワムラアツノリ

ブレーン
もっしゅ

トロールの森2017参加作品
http://www.trollsinthepark.com/portfolio/%e5%88%9d%e6%9c%9f%e5%9e%8b/

『HAVE』
持ってるモノ、持ちネタ、もしくは(腕を叩きながら)持ってまっせー。
すべての人、ココロに持っていてほしいもの。 Must Have it !!!

初期型
2001年頃より活動。ダンスとは?ダンス的とは?劇的なるものとは?とか男と女はラブゲーム?とか、そんなことを考えながら作ってます。モットーは愛すべきバカ。POPな前衛を真摯に心がけております。
初期型公演『HAVE』を終えて
早1週間。かっこいいコメント考えつつアセアセ働いていたらあっという間に経ちました。かっこいいコメントはなんか上ずってしまい、まとまりませんでした。
初期型公演『HAVE』無事終了致しました。この作品に携わって下さった皆様、本当にありがとうございました。トロールの森スタッフの方々、公演スタッフ、ダンサーズ、誰1人欠けても今作は成立しませんでした。作品にとってMust HAVEな人々です。
公演が終わって考えたことは、作品のさらなるブラッシュアップ的なこと、作品の今後の展開(再演とか)、そしてやはり考えしまうのが、作品の意義と初期型とは?みたいなことでした。本番1ヶ月前くらいまではそこんとこ頭の片隅にありながら作ってた気がするけど、1週間前はそんなこと考える余裕もなく、嗅覚と反射神経で作品を構築してました。そして、公演を終え、1週間経ち、今の答え「意味あった」です。カーテンコールでもポロッと口に出ましたが「やって良かった」です。
作品の存在意義とかって、本当脆弱なもので、皆万人に必要なものってそんな幻想目指しつつ願いつつ創作活動に勤しむわけだけど、やっぱ周りにそんな空気ないし、ほんとスマートフォンくらい必要とされてないと実感わかないと思う。
若い頃はそんな不安もなんのその、そのうち周りが気づいてくれると、モリモリやってましたが、この年になって、周りがようやく少し見えてきて、うーん、オレのやってること意味あんのかなぁ、世界に必要なのかなぁ、と。
で、今回の『HAVE』。Must HAVE it!と銘打ちましたが、ほんとMust HAVE it!になりました。ちょとカーテンコールで涙出そうになりましたが、ごまかしました!うーん、まだまだやれるねオレたち。
正直お客さんは少なく、出演者も見に来たお客さんも、なんでこんなに少ないのー!みんな観てよー!と思ったと思います(←コレほんと)。でも、大丈夫。意味ありました。初期型及び作品の意義の答え。んーなんつーか、いいもんはイイ!そんだけで存在意義・価値あると、得心しました。“愛すべきバカ”をちゃんとやれば良いのです。そりゃ沢山の人に見てもらいたいし、見てもらわなきゃ意味ないとも思いますが、それは次のステップだよね。誇大広告で観客集めても意味なし。
ま、とにかく、ここ何年か、モンモンとしてたものが少し晴れた感あります。いていいんだ。と。初期型、Must HAVE it!だなと。
集団創作〜初期型というグループでものをつくるということ〜
作品を作り続けるってのは、ほんと大変です。作品発表し始めの20代30代前半は学生時代からの感性の貯金(インプット)で一気に新作を発表してきたように思います。そして30代半ばも過ぎ貯金がなくなってきたなぁ、、、というときにこの、現代劇作家シリーズと出会いました。5年前です。

現代劇作家シリーズという新しいステージは、今までの自分のスタイルを駆使しつつ、新しい自分の表現スタイルを構築する格好の実験場でした。課題戯曲も、イヨネスコ「授業」、アラバール「戦場のピクニック」、寺山修司「青森県のせむし男」、サルトル「出口なし」、そして今回のベケットの「芝居」。方向性、哲学、思想、前衛性、ここまで多岐にわたるレパートリーすべてを持っている劇団も少ないと思います。いい意味でd-倉庫さんに右往左往させられてます。
ちょうど2010年に結婚して活動スタイルの転換期を迎えたところからこのフェスに参加し、また、初期型としても新しいメンバーを迎え、この頃は新しずくめでした。

新しいスタンスで活動を始めたといっても、作風が大きく変わるわけでもなく、作り方も極端に違う感じではありません。作品発表当時から集団創作的な空気はありましたし、明確なトップダウンではなかったと思います。ただ、以前はほとんどカワムラ発信でダウンしてそっからの跳ね返りを何度か繰り返して作るという感じだったのですが、昨今で大きく違うのはそこらへんかなと。戯曲フェスでいうと、まずd倉庫さんからの戯曲が提示され(発信)、それを誰かがレシーブ、誰かがトス、スパイク。カワムラからのトスももちろんたくさんありますが、ブレーンのもっしゅ氏などはレシーブから直接スパイクをばしばし決めたりもします。

へんな例え(だし、的確ではないかもだし、間違って伝わるかもですが、こういう瞬間は確実にあります)ですが、わかりやすく言うとこゆことなのかなと。

、、、、、と、と、わかりやすく簡単にバサッと言いましたが、これってすんごく大変なことだし稀有な状態だと思います。(こっから本題)まず、
■大人じゃないとナカナカできない→お互いを認めつつ自分を主張みたいな
■ポジティブ思考じゃないとまったくリハが進まない→ブレスト的な話し合いから多くのものが生まれます
■そこそこ付き合いが長くないと難しい→メンバー核となる4〜5人には共通言語が必要になる
■スケジュール調整→様々な背景を持つメンバー同士が少ないリハ時間でもやろう!という心構えと、それに対する知恵を出し合い、むしろ武器にするくらいの開き直り

そういう集団創作です。集団創作は無責任という意見もありますが、たしかに単なる責任転嫁のナアナアな集団に陥る団体もあると思います(たぶん学生に多い)。ですが初期型は上記のような、んー、バンドのようなところがあるので、お互いに頼りつつ、引っ張りつつ、個を出しつつ、そんでグルーヴを生むという作業が成立させているのだな、と思います。

QUEENというバンドが好きです。フレディというカリスマフロントマンがありながら、他のメンバーが埋没していないグループ。様々なジャンルを取り込んだ楽曲、当初シンセサイザーを使いません!と言ってたくせに一転ガンガン使うというフットワークの軽さ。PVも好き(特にhttps://youtu.be/f4Mc-NYPHaQは最高!)4人バラバラっぽい趣向(価値観)なのに1つにまとまってるという(しかも未だ解散してない)。初期型というグループもそういうものでありたい。
そして、もっと言うと社会という大きなグループもそういうものでいてほしい。すんごく広く捉えてもらってもいいけど、中ぐらいんとこで、例えば劇場。劇場では様々な価値観がひしめき合ってます。いろんな団体が価値観を発表してます。先の現代劇作家シリーズはわかりやすく価値観の相違を楽しめ、共感したり、分かり合えない悲しさや憤りとかも生まれるのかもしれないけど、そゆの全部ひっくるめて面白いと思うんです。作品ていうのは、ある人(グループ)の価値観の結晶なので、劇場または美術館などで作品に出会い、自分の価値観とぶつかり合うことが社会における集団創作なんじゃなかろーかと思うんです。人が劇場行ったり、美術館行ったり、初期型が作品発表すること、しいては社会における人間の活動全部が集団創作してると言えなくもないかなと。

“虚無”「お前のパフォーマンス、やる意味あんの?」
カワムラ「わかんないっす」

多くの人が日々、自分の価値を曲げたり折ったり殺したりして無私無心で働いてて、そういう人らの心にどんだけ作品というカタチの“声”が届くのか。届かぬ声、見られぬパフォーマンスにやる価値あるのか。余暇的に“創る”みたいなことを考え、発表して、世の残酷さや不条理さと対峙できるのか。

価値観って偏見と表裏一体なとこあると思います。そして、芸術(アート)の役割は人の心を自由にすることだと思います。生きてゆくと自然と知識・経験は増えるけど、心の自由さは増しているのか。1つの発見・理解が次の日には偏見だった、了見が狭かった、、、と気付くこと多々あります。知識の増加≠自由さの増加。日々、価値観を更新していくことが、心の自由なんだと思います。(小さな小さなアップデートでも)

初期型というグループで“集団創作”することは、僕自身の心の自由を求める欲求とつながってて、初期型(及び、初期型作品)にはそういう心の自由を求める人間が集まってくるだと思います。


『まいひめ、やめるのやめた』

Blog。アップ。した。本日です。が。


カワムラアツノリ ソロダンス公演

『まいひめ、やめるのやめた』

構成/振付  カワムラアツノリ
音/音楽   もっしゅ
舞台/照明   平澤瑤

◎日時:
11月22日(日)
19時開演(開場は30分前)
◎場所:
東京都杉並区西荻北3-19-6
ビリヤード山崎2F
(JR西荻窪駅北口左手モスバーガー脇入りスグ、徒歩1分)
◎料金:
予約・当日 2000円(ワンドリンク付き)
◎チケット予約:
※当日電話問合せ
090 1106 2087(渡邊)

Facebookページ↓
 
『まいひめ、やめるのやめた』は、“トロールの森2015”参加作品です(^_^)
トロールの森↓

土方巽の「病める舞姫」は難解で消化不良だけど直感的にはピピッと来るものがあって、振付とか演出してる人の頭ん中はたぶんこんな。ダンスは抽象的でカラダは限りなく具象的でリアル、その間にある自我のシュールレアリズム化。具と抽、日常と超現実、コトバと心象、その境界に立つカラダの居心地の悪さ。

Figurative and abstract, the everyday and the extraordinary, words and imagery: A dance expressing the physical uneasiness as one stands on these boundaries.

『出口なし』フェスを終えて考えたいろんなこと
d-倉庫『出口なし』フェスを終え2カ月以上経ちますが、フェス及び初期型作品『HUISッ!CLOSッ!』から考えたいろんなこと。

今年の戯曲フェスは当日パンフ(各団体の作品ノート)、アフタートーク、シンポジウムと新しい要素が加わり過去の戯曲フェスに比べ、我々参加者のみならず、観客も大いに得るもの(観劇体験がより深く、鮮明に、そして啓発的になった)があったように思います。特にアフタートーク、シンポジウムにて、直接同戯曲に取組んだ人々と対話したことは、その作家の文章を読んだり、舞台作品を観ることとは別の角度(もしくはそれ以上の)交流・知見を得ることとなりました。
サルトル(及び、実存主義哲学)についてはまだまだ勉強不足で、この公演を経たからといって「サルトルってさぁー、、、実存主義ってさぁー、、、」みたいなことを云々出来るレベルではないのですが、戯曲「出口なし」に関してはいくつかの気づきや、我々なりの意見が言えるかもしれません。
「出口なし」は
.悒織ソな戯曲だ→shelf矢野さんが言ってて、「やっぱし!」となったとこなんですが、戯曲読み慣れてない我々でも、台詞に違和感を感じました。(なんでここでこのセリフ&#8265;&#65038;みたいな)
昼ドラみたいだ→設定は地獄という非現実的なものなのに、人物の背景はドロドロ昼ドラ、人情劇だなと。
実存主義の説明書だ→いたるところにサルトル本人の言葉がちりばめられており、(1944年段階の)実存主義を分かりやすく解説した物語と言える。

と、かなりおおざっぱに「出口なし」を分析したわけですが、我々の作品『HUISッ!CLOSッ!』はこの3つの点を土台にして作られておりまして、なんやかんや初期型なりのサルトル及び「出口なし」に対する考察・アプローチはそれなりにあったわけで、で!でも、それよりなによりカワムラにとって大いなる発見(であり、今後の課題ともなりうる)だったのは“戯曲”というものに対する各団体のスタンスの違い、温度差だったといえます。
シンポジウムの最後に(長堀さん矢野さんの意見交換に割って)「(お二人は)戯曲LOVEですねー。」って言っちゃったんですけど、ほんとそう思いました。聖書か聖典かっていうほど、戯曲戯曲戯曲と、まず戯曲ありきなんですね。A.T.で石本華江さんがおっしゃってましたが、ワタシにとって戯曲は作品を作る上でのモチーフの一つに過ぎず、ワタシという作品(もしくはワタシの踊りまたは世界観)を表現するための切口の一つ、というような事を仰ってたのですが(カワムラの理解では)、なんというか、ダンスってそゆとこ強いよなーとあらためて思いました。戯曲(なり、絵画なり諸々の作品)に対して、アプローチというかリサーチを重ねて作品を作るっていうより、その戯曲を味わうというか、印象というか、パン!と受けた閃きからダンス作るとこあるよなーと。ま、もちろんいろんな人いますので、一概には言えませんが、自分含め、そういうダンス作家が多い印象。ダンスという表現が基本、抽象性メインになってくるので、リサーチをしましたってのを作品に盛り込むのはなんだか説明的になりがちなんだろなーとか、ダンス方面の人は説明的ってのを特に嫌うよなーとか、そんなこと思いました。
という、ダンス方面の“戯曲”への取り組み方に対して、劇作の人々の戯曲に対するリスペクト・取組み方、我々ダンス方面は大いに見習うべきところがあると思います。
で、ただ、初期型の作品の感想ツイートで、あなた達はこの戯曲じゃなくてもいいんじゃないの、みたいなツイートがあったのですが、それには賛同出来かねます。おそらくこのツイートは劇作方面の方からだと思うのですが、この意見は戯曲可能性を狭めてしまうのではないかと思いますし、劇作方面の方の戯曲リスペクト!の陥ってはいけない思考の一つだと思います。僕は戯曲の可能性を狭めてしまうことは戯曲LOVEの諸刃の剣ではないかと考えてます。戯曲LOVE&リスペクトはその戯曲への思い入れみたいなものに変化して、その思入れってのはひとつ間違うと偏見にもなり得るのではないかと。恋人に理想を押し付けるではないけど、戯曲は恋するものでなく愛するもんじゃないかなと(笑)
うーん。
僕の希望は、戯曲(及び全ての芸術作品)は常に無限の可能性を期待されている存在でいてほしいということです。



どーもー!平澤瑤こと、ヒラッチデス
お久しぶりです!
いやー、寒くなったり、そんなことなかったったり寒暖の差が多く体調崩してませんか?

僕はがっちり体調崩してしまいました!

まぁ、体調管理も仕事ですので崩したなんて言いませんが。

ところで、あの、「おしゃれ紳士」率いる伊東祐輔の構成・振り付けのパフォーマンスに出させ手もらうことになりましたのでお知らせです!!
今回も楽しく、厳しくやらせてもらってます。
僕以外はもりもり踊れる方たちでまた、勉強させてもらってます。
かなり、楽しんでもらえると思います!!

以下詳細です!


Performing Arts Project

『Heavenly Heaven』

Produced by PaCPA


2013.11/28.Thu-12/1.Sun


VENUE : FLAG

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前6-13-7グランドオム2F

JR 原宿駅 徒歩7分

東京メトロ 明治神宮前駅 徒歩5分 / 東京メトロ 表参道駅 徒歩7分



舞台美術を軸としたクリエーター達による創出。

「いす」わる場所を提示された空間の中、

そこに置かれたパフォーマーの身体。

その中で始まる、出会いの連鎖。


街に流れ始めたクリスマスの柔らかな空気をまといながら、

ポップに、けれどシュールに、関係性と存在を綴っていくパフォーマンスタイム。


身体・言語と共にその場に立ち上がる

不可思議な時・空間をお楽しみください。



◆TIME TABLE

・11/28.Thu

19:30 OPEN / 20:00 START

・11/29.Fri

19:30 OPEN / 20:00 START

・11/30.Sat

14:30 OPEN / 15:00 START

18:30 OPEN / 19:00 START

・12/1.Sun

13:00 OPEN / 13:30 START

16:00 OPEN / 16:30 START


◆TICKET

前売・予約: 2,500円(1ドリンク付)






構成・演出:伊東祐輔


振付・出演:池田遼、うえだななこ、平澤瑤、深堀絵梨、宝栄美希、伊東祐輔


監修:畑野一恵


Special Thanks:en one tokyo、Cafe & Diner WOW、位上尚生


主催:PaCPA


http://pacpa.info/

http://rpt-plus.com/


以上です!

楽しみにしていてください!


また、新たなひらっちを見に来てください!!

でわ!!!
GW初期型、公演してます!!
お久しぶりのMJです。

GWに、初期型で公演やってます!!



現代劇作家シリーズの第3弾
フェル ナンド・アラバール「戦場のピクニック」
d-倉庫にて、 5/5、6公演

詳細
http://www.geocities.jp/azabubu/arrabal

「演劇部初期型(えんげきべ)」
3団体あり2番手になります。

明日、5月6日(月・祝) 14時〜 /19時〜あります!!

連休最終日、是非お越しください!!



ヒラッチ外部出演情報です!
だんだん暖かくなってきましたねー!

どうもーヒラッチこと、平澤瑤です!

というわけで公演案内です☆

明日から始まります☆

お時間あれば是非見に来てください!
僕は20世紀初頭に北極で冷凍づけになって発見され現代によみがえった役をやります。

難しい役どころですが頑張ってますのでよろしくお願いします!


               
しおどめプロデュース vol.2
『恋の冷凍保存』

作:ジャン・ベルナール=リュック
演出:坂上朋彦

 日時
3月6日(水) 19時
  7日(木) 14時/19時
 8日(金) 19時
9日(土) 14時/19時
10日(日) 14時

 場所
シアターKASSAI
(JR池袋 東口
シアターKASSAI
〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-45-2
電話 0359449227
www.kassaikikaku.co.jp/ACCESS.html
(JR池袋 東口徒歩5分)

 料金
3500円(前売・当日共)

 CAST
才勝誠司
清水まゆみ
大谷恭代
森香緒留
須藤正三
森下友香
平澤瑤
上田さだ吉
漁宏臣
須賀由佳
紺野相龍
小倉昌明

 STORY
時は1990年。フランスのごく平凡な家庭に全世界の注目が集まる事件が発生!1900年代初頭に北極で行方不明になった青年が見つかり、「解凍」されて戻ってきたのだ 。「25歳の姿をした」102歳の祖父が出現したことで一家は大混乱!さらにフラン ス政府が取った選択は、彼を刺激しないように一家にまるごと1900年代の「ふり」 をさせることだった。一家はこの未曾有の危機を乗り切れるのか?!


今回主役です!
是非見に来てくださぁーい☆
               
千代田芸術祭2012@3331
http://www.youtube.com/watch?v=ACq9uohW9YA

久々、ソロやったです。孤独って大事。これからはもっと、孤独を楽しみたい。孤独と取っ組み合いたい。
TRACKBACK
Trackback URL