<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

わからないこと
橋下市長が理解できない楽しめないモノには価値がない必要ない的な発言をしてらっしゃるらしいですが、我々の仲間内でも、けっこー前から議題に挙がってることでして、このたびちょっと忘れてたくらいのところを、あらためて考えさせられましたのでした。
といっても、もちろん人形浄瑠璃のことではなく、コンテンポラリーダンスに関してです。念のため。(人形浄瑠璃は守られるべきですが、主催者側がもっと様々なアプローチやパッケージングをしてもよいのではないかな、世界に誇る日本の人形(使い)文化ですし)
というのも、コンテンポラリーダンス(や、コンテンポラリーアート)には解説を詳しく聞かないと意味不明な作品が多々あると見受けられるからです。カワムラ近辺の人々はそういった作品をばっさり神様系作品とよんで、それらの作品に対し考えたり挑んだり嫌悪したりリスペクトしたり、といろんな形で取りくんで来ました。神様系というのは神村恵さん系という、かなり荒っぽいくくりです。(神村さんとは伊藤キムさんのところでいっしょに活動した経緯もあり、愛と尊敬と友愛を含めてこのように揶揄させていただいております)。
神村さんは見た目こそ地味で(なでしこJAPAN系で)この人がダンス?っていう風貌なのですが、幼少からバレエをされ、オランダにダンス留学してるほどバリバリのダンス人なのですが、作品の中にはいわゆるダンステクニックはまったく見られません。なんというか、これまたばっさり例えると、美術館の中庭に巨大なゴツゴツした石があって一部分キレイにツルッとくり抜かれたものがあってタイトル“虚ろ”みたいな、そんな存在なのです。そういった現代抽象彫刻もかなり難解なものと思うのですが、なんというかそういったものたちは市民権を獲得しており(いちおう)、道端やら駅前やら公園やらいろんなところで目にします。
日本で、ダンスにおけるそういった現代抽象彫刻みたいな作品が市民権を獲得する日がくるのでしょうか?
さてさて。理解できないもの=勉強しないと楽しめないモノにも価値はあるのか?です。
先の橋下市長の発言を受けて、人形浄瑠璃に限らず、オペラや歌舞伎・能、様々な分野に影響が及ぶのではという懸念がされておるところですが、そうすると、トヨタコレオグラフィーアワードなんかも、コンテンポラリーダンスの下地のない人たちから見たらほとんどが“わからないもの”というモノで占められていると思います。(以前、同アワードの表彰式でトヨタの方が、「こういうわけわからないものにもお金を出すということも大事なんですよね、きっと」という感じのことをおっしゃってた。半分は懐疑的に、半分は参加者の熱意に得心しつつ)

こーゆー時代です。

すべてのモノにその本質が問われるのでしょう。必要か否か。少数の人に必要なら、多数が犠牲(?)になっても仕方ないのか。




ヒラッチだよーん!8/25 踊りますヨーン
こんにちは!ヒラッチです!
暑いですねー!熱中症にはお気をつけください!

ところでもう、来週の土曜ですが踊ります!
去年11月の舞台で共演した大野一雄舞踏研究所の久世さんから声をかけていただいてご一緒させていただくことになりました!
生粋のダンサーさんやらパフォーマーのかたたちに囲まれて頑張っております!
ぜひ見に来てください(*^^*)

以下詳細です!


パフォーマンスグループ“久世龍五郎 and circustik orchestra”最新作
「sea-sons」
8月25日(土)
open17:30/start18:00
チケット1,999円全席自由場所 彩の国さいたま芸術劇場小ホール
JR埼京線与野本町駅(西口)下車徒歩7分
新宿から快速で20分強
TEL:048-858-5500

概要
海よりうまれし小さき生命。 人は、本当にその進化(深化)の末端に在るのか。 共存と絆をテーマとした、踊りと音楽の饗宴。
Dance
中込 遊里/八重尾 めぐむ/華湖/片 ひとみ/潤湖/森 千鶴 /平澤 瑤/橋本 考世/山田 花乃/三木 美智代/酒井 俊介/ 相良 ゆみ/牧野 弘/久世 龍五郎
Music
河原 ヒロシ/池田 知剛//清水 友美/荒木 真まぎぃ/西方 俊介/松岡 祐子/ono'creek'

ご予約・お問い合わせはこちら。
yohyohyoh1129☆gmail.com ☆を@に変えて送ってください。


よろしくお願いします。
新しいこと
以前、垣内友香里さんが作品作りに対して「私は新しいことしかしません!」と豪語(?)してたことがありました。
新しいこととは?
先人たちの足跡を辿り、今いる時代で自分が何をすべきかを提示することなのだと思います。より良いモノを提示することが、新しいことをするということなのだと思います。同じくらい良い、ではなく、より良い。
いい作品≒新しい作品
過去+1のスタンスが肝要かと。


高襟公演のお知らせ
 
高襟制作室の山田です。告知失礼致します。

この度高襟は2011年9月に上海BM Spaceにて、好評を得ました「無花果キネマ」を、横浜BankART Studio NYKにて、国際芸術見本市 TPAMショーケースの一環として上演します。
 また、別プログラムとして同会場にて、今話題の男性カンパニー「おしゃれ紳士×梅棒」に挑戦状を叩きつけ、初の対バン形式で競演します。
 お忙しいとは思いますが、どちらのプログラムにも是非、足をお運び下さいませ。心よりお待ち致しております。

 今後とも、高襟をよろしくお願いします。


 ★プログラム
 高襟  「無花果キネマ」
 〜健気な実りが愛おしく逞しい果実は闊歩して生き抜く現代女性像を意識する〜
 2012年2月16日(木) 20:45〜
       17日(金) 19:30〜
       18日(土) 19:30〜

 ★プログラム
 高襟VSおしゃれ紳士×梅棒
 「肉食女子vsダンディズム」
 〜食うか食われるかのせめぎ合い!おとことおんなの馬鹿しあい!!〜
 おしゃれ紳士「メゾン・ドゥ・ショコラティエ」
 VS
 高襟「Laughing Place」
 2012年
 2月18日(土) 15:30〜
 19日(日) 15:00〜


 会場
 BankART Studio NYK
 〒231-0001 横浜市中区海岸通3-9
 045-663-2812


 一般前売 2800円/当日 3000円
 学生前売 2500円/当日 2700円

 チケット予約
 hi-color@haikara2001.com
 (お名前、ご予約日、枚数、連絡先をご明記下さい)
1.21(イッテンニーイチ)公演案内
 いま根岸さんがアップリンクで踊っていますよ!
おつかれ根岸さん!


さて、そんな今週末、つぎはもっしゅが踊ります。
ロック色濃いめに◎

お時間ございましたらぜひ☆彡

狭い劇場ですが、週末ひさびさにレイニーな感じに
なるようですが

どうぞよろしくお願いしますo(^_-)O




■□■ ダンスがみたい!新人シリーズ10 ■□■

「プレイground M 【ケイトの場合】」

2012年1月21日(土)午後7時30分開演 (開演30分前から受付開始)
...
場所 die pratze(ディープラッツ)
新宿区西五軒町2-12
03-3235-7990

http://www.geocities.jp/kagurara2000/s10
東京メトロ東西線神楽坂1番出口より徒歩6分
前売 2300円(学生2000円)
当日 2500円(学生2200円)

◎作・演出・振付・音楽セレクトなど→もっしゅ(岩佐妃真)

  ※1公演に3組出演します。

  ◎●出ましたもっしゅソロワーク“13階の女”シリーズ最新作!
    またしても[自称:新人]で挑みます!!!!! 乞うご期待!!!!!!!!!!
     
  <Tnanks!> 
   照明プラン協力:東野祥子(BABY-Q)師匠


どうもー!ねぎっちです!
すまんなー

ひらっち。


わしもクリスマス明けにソロがあるじゃけー

告知させてもらわします。

クリスマスは、三十路!
週明け火曜日はニジンスキー、来てくださいー。


※※※※※※※※※※※


こんにちわ、根岸由季です。

年末に差し掛かっています。

今年は色々あった年だな、と自分の中を思い返しているおります。

恐縮ですが、『ニジンスキーな海辺で♯2』のお知らせをさせて頂きます。
照明家・アイカワマサアキさんを追悼しての公演です。

このイベントで久しぶりの長丁場のソロ作品を踊ります。
今年の踊り納めでもあります、心して楽しみたいと思っています。


同日にご一緒させて頂くのはダンサーの木檜朱実さんです。

師走のお忙しい中ですが、お時間ある方、是非ご高覧下さい。

お待ちしております。


★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★

■ニジンスキーな海辺で♯2

2011年12月27日(火)
19時開場  19時半開演

・出演: 1部:木檜朱実   2部:根岸由季

・会場:pit北/区 域(東京都北区王子1−13−18 東海第二ビル地下1・2階)

JR京浜東北線 王子駅北口より徒歩2分

・料金:前売り 2000円  当日2500円

予約・問い合わせは私までご連絡ください。
 chipkicurocks★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)


このイベントの詳細
ニジンスキーな海辺#02
どーもーひらっちでーす!
おひさしぶりでございます!!
ひらっちこと平澤瑤です!

寒いですねー。風邪など引かないように手洗いうがいはちゃんとしましょう!
インフルエンザが流行り始めたそうですよ。

さて、11月に芝居があって終わったと思ったらアイカワさん祭りがあって。。。さぁ今年はあとは「水流し」(毎年12月30日にMJさんが所属してるメガロシアター主催のイベント)だけかなと思ったらきました!おふぁー!
もうすぐですが!


じゃじゃん!!


12月23日から25日まで踊ります!


「三十路!!!」

@上野ストアハウスでやります!


まだクリスマスの予定とか決まってない方!僕達と一緒に過ごしませんか?
1980年〜1981年早生まれの同級生だけで作ってる舞台です!!


ポップでほろ苦い、懐かしい気持ちにさせる。。そんな舞台に仕上がってます。
是非きてくださぁい(*^^*)

詳細、予約はこちらから↓


http://ticket.corich.jp/apply/32888/yoh/
東京ダンスタワー『根岸企画◆戮里知らせ!
今日は天気がいいですね。
 
根岸由季です。
 
今日はブーツを買うべく群馬のモンサンミッシェル、高崎のイオンモールへ。
 
音楽をかけてドライブがてら。そろそろ紅葉も見物です。
 
 
さて、アイカワ祭無事終わりました。
 
色んな思いがありましたが、アイカワさんも喜んでくれたかと。嬉し涙雨でした
 
そして・・・と引き続くのですが
 
東京ダンスタワーで『根岸当番』も来月頭となりました。
 
 
前回はダンサー二人と作っていったのですが、今回は役者さん達。
話しながら、それぞれの体を探っています。
 
自分のやるべき事を、考えていくと
毎日の生活も変わりますね。
 
是非見に来てください。
 
 
お待ちしております。
 
 
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 
 
東京ダンスタワー vol.36
 
根岸企画
タイトル:『つとない…』
 
12月3日(土) 
 
19時開演<開場は20分前・1ドリンク(赤ワインorお茶)付き>
出演:笠井里美(ひょっとこ乱舞)・菊地秀樹・小角まや・本多ハル・根岸由季
 
振付・構成:根岸由季
 
協力:垣内友香里
前売: 1374 円(子供半額) 当日:時価
ご予約/連絡先
 
東京ダンスタワー 
 
Dance Studio UNO   
http://dance-studio-uno.com/ (地図はここのACCESSをご覧ください)
〒131-0041
東京都墨田区押上1-52-7(一階 美容室CORte)
 
 
根岸由季の毎日がキネン日
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイカワさんと 
 これは初期型ではないのですが、アイカワさんの仕事している姿がカメラにのこっていたのでアップしておこうかと。
タイム・アウンド・ローカスという高野美和子さんがやっているカンパニーの制作お手伝いをしていた時の写真。


左は舞監の十亀さ。右がアイカワさん。




高野さんと伊東歌織、リハ中の図。



こんなふうにリハに来て、照明プランを作って、というのがアイカワさんのスタイルだったのかな。この後ろ姿なつかしいです。


タカダユウナ

------------------------------------------



『オッケー!John’s アイカワ祭』

昨年12月29日の早朝急逝した舞台照明家、アイカワマサアキのために(彼を肴にして)、「オッケー!John’s アイカワ祭」を開催することになりました。追悼会とか、偲ぶ会とか、ましてや一周忌とかではなく、まるでバッカスのような風体をしたアイカワでしたから、 ジャンルや老若や男女を超えた舞台、例えば、ある都会のキャバレー、閉店後の真夜中に催される怪しくも妖しいショー「バッカス祭」のようなものが彷彿とす る舞台ができれば、と思っています。1970年代、20代の頃、「即興」に大きな影響を受けた彼です、そんなのが大好きでした。
グロテスクで、アナーキーな混沌、そういう空間と時間を作ることができれば、天上のオプティミスト、アイカワ氏も「ってゆーかぁ、オッケー!」といって、手を叩いてくれるのではないでしょうか。
「オッケー!John’s アイカワ祭」実行委員長:総合ディレクター 杉田丈作

2011年11月18日(金)〜19日(土)歌あり、オドリあり、音楽あり、芝居あり、ことばあり、その他何でもあり、そして即興あり!―キャバレー・シアターΧの夜―

入場料 並びに参加費:1,000円

[チケット申込]
シアターΧ


初期型とアイカワさん2
引き続き、今日もアイカワさんとの思い出をアップ中。
これはリハの時の写真。
こんなふうに、リハの会場に足を運んで見にきてくれて、一度出来るだけ通して、それを見ながらアイカワさんがその場でメモをとりつつ、照明を考えてくれます。



アイカワさんの鋭い視線がリハ中の初期型に注がれます。




そしてその視線の先では、スリラーの振付けで踊るダンサーズ。
たまにアイカワさんが思わず吹き出して笑ったりするのを見るのがうれしかったなー。

このシーンが本番は連続フラッシュ点滅ハデハデ照明になろうとは!この時だれも予想できませんでした(笑。やってくれますネアイカワさんっ。

こんなふうにして、初期型の照明を毎回作ってくれたアイカワさんでした。

タカダユウナ


------------------------------------------



『オッケー!John’s アイカワ祭』

昨年12月29日の早朝急逝した舞台照明家、アイカワマサアキのために(彼を肴にして)、「オッケー!John’s アイカワ祭」を開催することになりました。追悼会とか、偲ぶ会とか、ましてや一周忌とかではなく、まるでバッカスのような風体をしたアイカワでしたから、 ジャンルや老若や男女を超えた舞台、例えば、ある都会のキャバレー、閉店後の真夜中に催される怪しくも妖しいショー「バッカス祭」のようなものが彷彿とす る舞台ができれば、と思っています。1970年代、20代の頃、「即興」に大きな影響を受けた彼です、そんなのが大好きでした。
グロテスクで、アナーキーな混沌、そういう空間と時間を作ることができれば、天上のオプティミスト、アイカワ氏も「ってゆーかぁ、オッケー!」といって、手を叩いてくれるのではないでしょうか。
「オッケー!John’s アイカワ祭」実行委員長:総合ディレクター 杉田丈作

2011年11月18日(金)〜19日(土)歌あり、オドリあり、音楽あり、芝居あり、ことばあり、その他何でもあり、そして即興あり!―キャバレー・シアターΧの夜―

入場料 並びに参加費:1,000円

[チケット申込]
シアターΧ





TRACKBACK
Trackback URL